nanacoモバイルで10万円まで簡単にチャージする方法

「会員メニュー」なら10万円までチャージOK!

レベル:★★★(上級者向け)

七海
nanacoモバイルアプリでは5万円までしかチャージできないけど、どうすれば1台あたり10万円までチャージできるの?
nanacoモバイルは、2つのチャージ方法があります。

1つ目は、「アプリ」を利用した方法です。

5万円までであれば、アプリを利用することで、即座にチャージすることができます。

2つ目は、nanacoカードと同様に「会員メニュー」を利用した方法です。

5万円を超えて10万円までチャージするためには、この2つ目の会員メニューを利用して、「センターお預り分」にチャージする必要があります。

最初に結論だけ書くと、次の方法で簡単にてきます。

nanacoモバイル
アプリでクレカチャージ
1回目:29,000円
マネー残高:29,000円

2回目:21,000円
マネー残高:50,000円
ここで、ブラウザで会員メニューを開いて、ログインします。
G6zfW4weIhSfuwh1466349906_1466349918

nanacoモバイル
会員メニューでクレカチャージ
3回目:29,000円
カード内残高:50,000円
センターお預り分:29,000円
合計:79,000円

4回目:21,000円
カード内残高:50,000円
センターお預り分:50,000円
合計:100,000円
※アプリでは「マネー残高」とあり、会員メニューでは、これを2つに分けて「カード内残高(マネー残高)」と「センターお預り分(マネー残高)」となっています。

さて、ここで注意点です。

1日で10万円チャージは不可!
1日3回までというチャージ回数の制限があるので、4回目のチャージは翌日に行う必要があります。

以下、具体的な操作方法とともに、解説していきます。

「アプリ」だけだと5万円まで

七海
アプリだと、「センターお預り分」にはならないけど・・・
アプリだけを利用している方は、「センターお預り分」という言葉にピンと来ないと思います。

というのも、アプリでは、センターお預り分へのチャージができないようになっているからです。

nanacoモバイルでは、次のようにチャージした結果は、「マネー残高」に記録されます。

nanacoモバイル
アプリでクレカチャージ
1回目:29,000円
マネー残高:29,000円

2回目:21,000円
マネー残高:50,000円
LFOj1pjzGevlXL81466349811_1466349829
この画面を見ていただくとわかるように、「センターお預り分」という言葉自体が出てきませんね。

ここからさらに3回目のチャージで「29,000円」をチャージしようとすると、 「サーバーエラーS30183」が出ます。
U57yMDTWffACB4Q1466349881_1466349895

サーバーエラー:S30183
チャージ金額は、現在のマネー残高との合計が50,000円以下になるよう半角数字で入力してください。

つまり、5万円を超えることができないということになります。

nanacoカードに10万円チャージする方法を確認しよう

さて、ここで説明の都合上、「nanacoカード」に会員メニューから10万円までチャージするときの流れをご説明します。

nanacoカード
会員メニューでクレカチャージ
1回目:29,000円
カード内残高:0円
センターお預り分:29,000円
合計:29,000円

2回目:21,000円
カード内残高:0円
センターお預り分:50,000円
合計:50,000円
※繰り返しになりますが、nanacoモバイルでは、マネー残高という言葉が使われていますが、nanacoカードでは、「カード内残高」のマネー残高と「センターお預り分」の2つに分かれています。

ここで一旦、セブンイレブンなどに出かける必要があります。

nanacoカード
セブン銀行ATM等で残高確認
カード内残高:50,000円
センターお預り分:0円
合計50,000円
さらに、この後にクレカチャージをすると、10万円まで1枚のnanacoカードにチャージができます。

nanacoカード
会員メニューでクレカチャージ
3回目:29,000円
カード内残高:50,000円
センターお預り分:29,000円
合計:79,000円

4回目:21,000円
カード内残高:50,000円
センターお預り分:50,000円
合計:100,000円
このように、4回のクレカチャージと「1回の残高確認」を行うことによって、nanacoカードに10万円分チャージをすることができます。

nanacoモバイルも会員メニューを使えば「センターお預り分」にチャージ可能!

七海
う~ん。nanacoカードなら10万円までチャージできるけど、nanacoモバイルではできないってことなのかしら。
nanacoモバイルの「アプリ」では、5万円までしかチャージできないのですが、最初に書いたように「会員メニュー」を利用することによって、10万円までチャージが可能です。

なぜなら、nanacoカードと同様に、nanacoモバイルに与えられているnanaco番号とパスワードで会員メニューにログインすれば、nanacoモバイルへのチャージも先ほど見たように「センターお預り分」として行えるからです。

そこで、アプリのトップページにある「センターお預り分」をタップすると、ブラウザを選択して、ログイン画面が出てきます。
G6zfW4weIhSfuwh1466349906_1466349918

このように、nanacoカードと同様に「会員メニュー」が開きます。
QDj3WVXAg055vuK1466349924_1466349936

右上の「メニュー」をタップして「クレジットカードチャージ」を選びます。
Wxp00rMy70L7x0_1466349944_1466349962

チャージ金額を選び、パスワードを入力します。
9wRDEujdISEiEl71466349969_1466349985

これで申込みボタンをタップすればチャージできます。
QUf4FgEmMRAxvyI1466349992_1466350004

これで、nanacoモバイルにも、センターお預り分がチャージできました。
X7Sq4zkeZgeoj8r1466350010_1466350021

会員メニューのトップページに戻ると、このように、カード内残高(アプリでチャージした分)とセンターお預り分の合わせて79,000円分がチャージされています。
mKEjXhG0nUvp94D1466350050_1466350069

あとは同じことを繰り返して残りの21,000円をチャージすれば、合計10万円になります。

七海
なるほど! nanacoモバイルはアプリだけだと思ってたけどちがうのね。

自宅で簡単に10万円までチャージする方法!

最初に見たように、nanacoモバイルへのチャージは、ダイレクトに残高確認が不要な「マネー残高」になります。そこで、このことを利用します。

nanacoモバイル
アプリでクレカチャージ
1回目:29,000円
マネー残高:29,000円

2回目:21,000円
マネー残高:50,000円
ここで、ブラウザで会員メニューを開いて、ログインします。

nanacoモバイル
会員メニューでクレカチャージ
3回目:29,000円
カード内残高:50,000円
センターお預り分:29,000円
合計:79,000円

4回目:21,000円
カード内残高:50,000円
センターお預り分:50,000円
合計:100,000円
※1日3回までというチャージ回数の制限があるので、4回目のチャージは翌日に行う必要があります。

※アプリを使わないで最初から、会員メニューにログインしてチャージする方法ももちろんあります。だだし、その場合は、会員メニューでチャージ→アプリでセンターお預り分反映→再度会員メニューでチャージと、ひと手間増えます。

いかがですか?

はじめの5万円は、「アプリ」を使うことによって、ダイレクトにマネー残高にチャージされるため、会員メニューを使う場合と違って、セブンイレブンなどに行って残高確認をする必要がありません。

そして、残りの5万円は、「会員メニュー」を使うことによって、センターお預り分の中にチャージすることができます。

七海
nanacoカードよりも簡単ね。

使うときもアプリでマネー残高への反映ができる。

七海
セブンイレブンで支払うときはどうすればいいのかしら?
nanacoモバイルではセンターお預り分へのチャージはできないと書きましたが、センターお預りを「マネー残高(カード内残高に対応)」への反映は、アプリ上で行うことができます。

したがって、セブンイレブンで実際に払う場合には、5万円を払った後に、「アプリ」を操作して、センターお預り分をマネー残高に反映することによって、レジで残高確認をしてもらわなくても10万円まで払うことができます。

nanacoカードのように、残高確認を店員さんに説明する必要がないという点が最大のメリットかもしれませんね。

七海
実際に、nanacoモバイルで10万円分、残りをnanacoカードで払ってみました。アプリの操作も簡単だったのでnanacoカード2枚のときよりスムーズかも。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA